淀川鋼が10年5月以来の400円台回復、自社株買い発表など好感

 淀川製鋼所<5451.T>が上昇、2010年5月以来の400円台回復となった。同社は前場取引時間中に発行済み株式数の0.82%に相当する130万株、5億円を上限とする自社株取得枠の設定を発表、5月14日から6月21日の間に取得する方針で株式需給関係の改善期待を背景とした買いを集めている。また、同時に発表した14年3月期の連結営業利益予想は建材用鋼板などの需要回復を背景に、前期比70.8%増の62億円を見込んでおり、業績急回復見通しにあることも好感されている。

淀川鋼の株価は11時22分現在400円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)