青山商事が急伸、連続大幅増配とレディス需要開拓を評価

 青山商事<8219.OS>が急伸。10日に発表された2013年3月期の連結純利益は前の期に比べ38.7%増の126億2100万円と従来予想の107億円を大幅に上回った。14年3月期連結純利益も3.8%増の131億円と2006年3月期の最高益(133億2800万円)に迫る見込みだ。紳士服が堅調なほか、レディス需要の開拓を進めていることが市場の評価を高めている。配当も前期は20円増の60円とし、今期は70円を見込んでいることも買い要因となっている。

青山商事の株価は12時50分現在2954円(△205円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)