新日鉄住金が底堅い、前3月期は経常46%の大幅減益も前回予想上回る

 新日鉄住金<5401.T>が底堅い。10日取引終了後の発表した前13年3月期決算の連結経常利益は前年同期比46.2%減の769億3100万円と大幅減益で最終赤字に陥ったが、円安効果で前回予想を上回ったことが好感されている。ただ、アジアの鋼材市況は中国勢の増産で需給バランスが崩れていることから、本格的な収益回復はまだ先になるとの見方が強く、今3月期業績見通しを開示しなかったことも上値の買いを手控えさせているようだ。

新日鉄住金の株価は13時46分現在262円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)