<後場の注目銘柄>=シスメックス、中期計画で海外攻勢を加速

 検体検査機器大手のシスメックス<6869.T>に注目。同社の14年3月期の連結業績見通しは、売上高1750億円(前期比20.2%増)、営業利益300億円(同37.6%増)、純利益185億円(同30.6%増)と大幅増収増益を見込んでいる。今期も国内は医療機関の設備投資は堅調に推移する見通しだ。海外は中国で減速懸念はあるものの、米国復調、東南アジア拡大でカバーし、円安基調も追い風となりそうだ。
 さらに、14年3月期から16年3月期までの中期経営計画をスタートさせている。最終年度の16年3月期の目標数字として、売上高2200億円(3カ年の平均成長率14.8%増)、営業利益400億円(同22.4%増)としている。一段と海外売上高を拡大させることが中期経営計画の主要課題となっている。
 株価は、13日に、4月22日につけた年初来高値の6840円に肉薄する6780円(前週末比140円高)まで買い進まれるなど堅調な値運びとなっている。年初来高値更新後に一段高の可能性もある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)