アドバンスト・メディアがストップ高、第三者割当調達資金で業容拡大図る

 アドバンスト・メディア<3773.T>が前週末比4万円高の22万円ストップ高をつけている。前週末引け後に新株予約権付社債と新株予約権を第三者割当でウィズ・アジア・エボリューション・ファンド投資事業有限責任組合に割り当てると発表。払込金額の総額は60億3344万円で、24.94%の株式価値の希薄化が生じるが、調達資金をアライアンス先の発掘や合併・買収、音声認識技術の研究開発投資に充てる方針で、今後の業容拡大への期待から買いが優勢になったようだ。

アドバンスト・メディアの株価は15時現在22万円(△4万円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)