<動意株・14日>(前引け)=ルネサス、三機工、EMシステム

 ルネサスエレクトロニクス<6723.T>=ストップ高。2日間の上昇率は約40%に達している。前週9日に発表した13年3月期の連結決算は最終損益が1675億8100万円の損失で、14年3月期も200億円の損失見通しと赤字が続く見込みながら、「ここシャープなどの動きに触発される形で、株価は悪材料出尽くし的な見方で買い戻しを誘っている」(国内ネット系証券大手)という。

 三機工業<1961.T>=急反発。同社は13日、自社株取得枠の設定を発表したが、自己株式を除く発行済み株式総数の5.75%に相当する400万株、30億円を上限としており、その買い入れ比率の高さがサプライズ要因となった。なお、同日発表した14年3月期の業績は、金融機関向けなどの空調工事が伸びる見通しで、連結経常利益が前期比30.6%増の35億円を見込むなど好調だ。

 イーエムシステムズ<4820.T>=急反発。13日大引け後に前3月期通期決算を発表、連結営業利益では12億900万円(前々期比44.8%増)となり続く今期も15億4100万円(前期比27.4%増)と大幅な増益を見込んでいることから業績好調を評価する動き。調剤薬局向けシステム「Recepty NEXT」の拡販や医事会計システム「MRN クラークスタイル」などが好調に推移している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)