関電工が続落、三菱UFJMS証券が投資判断を引き下げ

 関電工<1942.T>が続落。この日は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が13日付で投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」とし、目標株価を470円から440円に引き下げたことが観測されている。14年3月期の東京電力の受注高が予想以上に減少すると考え、14年3月期の営業利益を84億円から70億円に、15年3月期を同94億円から75億円に引き下げている。

関電工の株価は12時40分現在428円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)