パピレスが後場急落、14年3月期大幅減益見通しを嫌気

 パピレス<3641.OS>が後場急落。午後1時頃に発表した決算で、13年3月期は売上高55億7800万円(前の期比17.3%増)、経常利益4億9700万円(同37.5%増)と大幅増収増益となったものの、14年3月期は売上高63億4100万円(前期比13.7%増)、経常利益3億3400万円(同32.8%減)と大幅減益を見込んでいることを嫌気している。電子書籍市場の拡大を背景に売上高の伸長を見込むが、販促費の増加などが利益を圧迫する見通し。高成長企業のイメージが強いだけに、減益見通しで失望感も出ているようだ。

パピレスの株価は13時22分現在3625円(▼675円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)