洋エンジが後場プラスに転じる、14年3月期は大幅増益見込み

 東洋エンジニアリング<6330.T>が後場プラスに転じてきた。前引け後に発表した連結決算で、13年3月期は売上高2287億2300万円(前の期比44.9%増)、経常利益40億3200万円(同21.0%減)と減益に終わったものの、14年3月期は売上高3000億円(前期比31.2%増)、経常利益100億円(同2.5倍)と大幅増益に転じる見通しであることが好感されている。新興国におけるエネルギー、素材需要の拡大や、北米地域におけるシェールガスなどの非在来型エネルギー資源の開発を背景とした設備投資が見込まれることから、受注堅調が見込まれている。

洋エンジの株価は13時54分現在497円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)