15日の株式相場見通し=買い先行も高値警戒感から上値重い

 15日の東京株式市場は、依然として高値警戒感が継続するなかで、日経平均株価は上値の重い展開となりそうだ。足もとの長期金利上昇への警戒感から、不動産、金融セクターの主力銘柄に売りが目立っていることから、利益確定売り圧力が広がる可能性もある。ただ、米国株市場ではNYダウが123ドル高と反発しているほか、為替市場が102円台前半で推移するなど円安水準にあり、全般は輸出株中心に買いが先行しそうだ。 

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)