◎欧米外為市場サマリー

 14日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=102円39~40銭と前日に比べ50銭強の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=132円27~31銭と同10銭強の円安・ユーロ高だった。
 米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和の早期縮小観測が強まり、NYダウが最高値を更新するなか、ドル高・円安が進行した。米10年債利回りが上昇したほか、格付け会社のフィッチがギリシャ格付けを一段階引き上げたこともドル高をサポートした。ユーロは、対ドルで1ユーロ=1.2917~18ドルと前日に比べ 0.0058ドルのユーロ安・ドル高だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)