エルナーが急反落、プリント回路事業の不振で13年12月期業績予想の下方修正を嫌気

 エルナー<6972.T>が急反落。14日の取引終了後、13年12月期の連結業績見通しを従来予想の売上高290億円、経常利益6億4000万円から、売上高266億円(前期比7.6%減)、経常利益2億4000万円(同40.6%減)に下方修正したことを嫌気。プリント回路事業で部品需要の回復が遅れていることに加えて、価格競争が激化していることなどが要因。これに伴いプリント回路事業について正社員の配置転換で非正規従業員の削減を予定しているほか、海外子会社の人員削減も検討しているという。
 なお、同時に発表した第1四半期(1~3月)連結業績は、売上高61億4100万円(前年同期比18.8%減)、経常損益6億1400万円の赤字(前年同期9100万円の黒字)となった。

エルナーの株価は9時24分現在120円(▼23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)