テラプロが続伸、14年3月期回復を見込んだ買い優勢

 テラプローブ<6627.T>が続伸。エルピーダの子会社で半導体製造工程の検査受託を手掛けているが、14年3月期はスマートフォンの普及加速に伴いモバイル向けの需要が大きく伸び、業績は回復色を強める見通し。半導体業界は大手メーカーがモバイル分野の設備投資を積み増す動きをみせており、14年3月期は製造装置メーカーにとっても順風が吹く環境にある。経営破綻したエルピーダ系であるだけに経営面でのリスクもあるが、14年3月期の連結経常利益は前期比15倍となる15億円を見込んでおり、株価も上値追いの可能性が膨らんでいる。

テラプローブの株価は10時53分現在1117円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)