<話題の焦点>=まさに生産革命! 3Dプリンター関連銘柄に注目

 ここ最近、株式市場でも「3Dプリンター」の話題をよく耳にするようになってきた。3DプリンターとはCAD(コンピューターによる設計)データを基に、樹脂や粉末などを溶かして積層させ、立体の造形物を作ることができるシステムのこと。通常、製品の開発や試作の際には金型を作る必要があるが、これがいらなくなるため手間やコストが省けるとして、製造業などで利用が広がりつつあるのだ。

 米調査会社によれば、3Dプリンターの世界市場は2015年に11年比2倍以上の37億ドル、19年には65億ドルに達するとの予測もある。ただ、欧米企業に比べて昔から金型づくりに強みのあった日本企業はこの分野で出遅れているのが現状だ。

 こうした状況を踏まえて、日本政府も研究開発を支援する方針を打ち出すようで、先日には一部報道で、政府が「3Dプリンター」や「パワー半導体」の研究開発を支援するため、それぞれの分野に14年度から5年間で100億円程度の予算を配分することを検討していると伝えられた。

 3DプリンターはT型フォードの流れ作業方式、トヨタのカンバン方式に次ぐ生産革命になるとの見方もあるだけに、今から関連銘柄には注目したい。

◆主な3Dプリンター関連銘柄

アンドール<4640.OS>    低価格・低ランニングコストの3Dプリンターを展開
ローランドDG<6789.T>  切削型の3D出力装置など3D入出力装置を手掛ける
キーエンス<6861.T>    オフィス仕様の高精細3Dプリンターを手掛ける
パルステック<6894.T>   3Dスキャナーを展開、自動車業界などに納入実績多い
図研<6947.T>       CAD/CAMの国内最大手
MUTOH-HD<7999.T> 米Z社製の3Dプリンターを販売
JBCC HD<9889.T>  子会社を通してパーソナル3Dプリンターを販売
アルテック<9972.T>    オブジェット社(イスラエル)の3Dプリンターを輸入販売

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)