常磐興が反落、14年3月期最終大幅減益見通しを嫌気

 常磐興産<9675.T>が反落。14日発表の連結決算で、14年3月期は売上高506億4000万円(前期比8.3%増)、経常利益17億4000万円(同43.1%増)と大幅増益を見込むものの、純利益は14億4000万円(同44.1%減)を見込んでいることが嫌気されている。引き続き観光事業の伸長などを見込むが、純利益は復興補助金や受取補償金などの特別利益がなくなるため大幅減益を見込む。なお、13年3月期は売上高467億7600万円(前の期比57.9%増)、経常利益12億1600万円(前の期22億2800万円の赤字)、純利益25億7700万円(同88億5300万円の赤字)となった。

常磐興の株価は13時44分現在202円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)