バイリーンが大幅高、14年3月期経常7割増益見通しで人気再燃

 日本バイリーン<3514.T>が大幅高で4日続伸。株価は三角もち合いを上放れ、持ち前の材料性を足場に上値指向を強めている。株価は一時、前日比77円高の560円まで買われている。同社が14日発表した14年3月期の連結経常利益予想が前期比73.5%増の34億円見通しと急回復見込みにあることで、これを材料視した買いが集中した。同社は不織布のトップメーカーで自動車向けの依存比率が高いが、14年3月期は景気回復色の強まる米国で自動車生産増勢が予想され、同社にとっても収益への恩恵が予測されている。株価は急騰習性を持ち、今年2月末から3月初旬にかけて段階的にマドを開けて買われる展開で440円から640円台まで駆け上がる上昇を演じた。個別株物色人気が高まる中で、この時の相場の再現を期待する買いが流入しているもようだ。

バイリーンの株価は13時53分現在526円(△43円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)