平和が大幅続落、14年3月期2ケタ減益見通しを嫌気

 平和<6412.T>が大幅続落。14日引け後に発表した連結決算で、14年3月期に売上高1824億円(前期比3.0%増)、経常利益317億円(同10.9%減)と2ケタ減益を見込んでいることが嫌気されている。業界全体でパチンコ機の販売台数低調とパチスロ期の人気回復が見込まれる中、パチンコ機23万台(前期25.2万台)、パチスロ機10万台(同6.7万台)の販売を予定し売上高の伸長を見込むが、開発コストの増加やゴルフプレー料金の下落などが利益を圧迫する。なお、13年3月期は売上高1771億1100万円(前の期比86.2%増)、経常利益355億7700万円(同25.8%増)だった。

平和の株価は14時36分現在1897円(▼195円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)