商船三井は後場軟調、三菱UFJMS証が目標株価を390円に引き上げ

 商船三井<9104.T>は後場に入って軟調推移、前日比4円安の402円まで売られている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が14日付のリポートで、投資判断「ニュートラル」を継続しながら、目標株価を従来の360円から390円へと引き上げている。
 リポートでは「事業改革を実施した不定期専用船の業績回復が今期の目玉。長期契約がないフリー船圧縮を進める方針を評価したい」としている。

商船三井の株価は14時48分現在402円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)