ツカモトが急落に転じる、14年3月期2ケタ減益見通しを嫌気

 ツカモトコーポレーション<8025.T>が朝高のあと、前場中ごろから急落に転じている。10時に発表した連結決算で、14年3月期見通しが売上高320億円(前期比3.2%減)、経常利益10億円(同16.8%減)と2ケタ減益としていることを嫌気。洋装事業において円安の進行による調達コストの上昇や、陳列用器具の賃貸業で内装工事の利益率の低下などが懸念されることが収益を圧迫する。なお、13年3月期は売上高330億6600万円(前の期比2.0%減)、経常利益12億100万円(同25.9%減)となった。

ツカモトの株価は14時54分現在171円(▼22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)