タケエイが1対3株の株式分割と決算を発表、13年3月期は87%経常増益

 タケエイ<2151.T>がこの日の取引終了後、6月30日時点の株主に対する1対3株の株式分割(効力発生日7月1日)を発表した。投資単位当たりの金額を引き下げることで、流動性を高め、投資家層の拡大を図ることが目的としている。
 また同時に発表した連結本決算では、13年3月期は売上高242億3100万円(前の期比38.8%増)、経常利益34億9600万円(同87.5%増)の大幅増収増益となった。東北地域での震災廃棄物処理事業が大きく伸長したことに加えて、山梨県の笹子トンネル天井板落下事故の復旧工事などインフラ整備に関わる廃棄物処理事業も拡大した。
 続く14年3月期は売上高240億円(前期比1.0%減)、経常利益27億円(同22.8%減)の減収減益を見込む。震災関連事業は4月より作業を開始した福島県内の一部地域における災害廃棄物処理再資源化事業など、現時点でほぼ収益寄与できるものについて計画に織り込んでいるほか、インフラ復旧対策事業も同様に、現時点で収益寄与できるものについてのみ織り込んだことが減収減益見通しの要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)