ACCESSが第2四半期累計業績見通しを上方修正、ライセンスに関する売り上げ計上で

 ACCESS<4813.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(2~7月)の連結業績見通しについて、従来予想の売上高47億円、経常損益5億5000万円の赤字から、売上高57億円(前年同期比5.7%減)、経常利益3億円(同76.0%減)に上方修正した。特許権のライセンに関する売り上げを通期にわたって6億円計上することを見込んでいたが、第1四半期において同売り上げを10億2300万円計上することとなったことや、各事業セグメントにおいて下期に見込んでいた一部案件の売り上げを上期へ前倒し計上することとなったことなどが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)