◆15日のNY株式市場の概況 NYダウ続伸、経済統計悪化も緩和期待で買われる

 15日のNY株式市場はNYダウが続伸し、前日比60.44ドル高の1万5275.69ドルと連日の史上最高値を更新。ナスダック総合指数は同9.01ポイント高の3471.62と4日続伸した。朝方NY連銀が発表した5月の製造業景気指数はマイナス1.43と市場予想のプラス4.00を下回ったほか、4月の鉱工業生産指数も市場予想以上に悪化したが、5月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数が44と市場予想の43を上回るなど経済統計はまちまちだった。このため、景気回復が力強さを欠けばFRBによる量的緩和策の早期解除への思惑が和らぐとみた、投資家の買いが入り、これが指数を押し上げた。出来高概算はニューヨーク市場が7億3742万株、ナスダック市場が17億8128万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)