住友化が続伸、14年3月期営業利益900億円に回復見込み

 住友化学<4005.T>が続伸。同社が15日に発表した13年3月期連結決算で営業利益は前の期比で25.8%減の450億1600万円となったが、14年3月期は急回復し、前期比倍増となる900億円を見込む。これはここ数年来のピークだった11年3月期の営業利益も上回る水準で、業績回復色が強まったことを評価する買いが優勢だ。また、最終損益も前期の510億円の赤字から300億円の黒字に転ずる見通し。スマートフォン用タッチパネルや液晶ディスプレー向けフィルムが拡大し利益を押し上げる見込みだ。配当も前期の6円から9円に引き上げる計画でこれも好感されている。

住友化の株価は9時23分現在363円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)