ネクストウェアがこの日もS高、自治体向け受注増に期待高まる

 ネクストウェア<4814.OS>が8連騰、この日もストップ高カイ気配となっている。今14年3月期は連結最終損益で3000万円の黒字転換(前期実績4800万円の赤字)となる見込みであるうえ、9月30日時点の株主に対して1対100株の株式分割を実施(効力発生日は10月1日)することが引き続き好感されている。総合防災情報告知設備「マルチアラート」や地方税などの滞納整理・収納支援システム「CARATS」を含めて自治体向けソリューションを幅広く手掛けていることから、マイナンバー制度導入に絡む自治体向けシステム受注が拡大すれば業績を大きく押し上げる期待が高い。

ネクストウェアの株価は10時45分現在2万1220円(△4000円)カイ気配。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)