いすゞが一時900円乗せ、業容拡大評価で大和証は「1」に格上げ

 いすゞ自動車<7202.T>が一時1990年7月以来となる900円台に乗せた。大和証券は15日、同社株のレーティングを「2(アウトパフォーム)」から「1(買い)」に引き上げた。目標株価は従来の670円から1000円に見直した。同証券では、14年3月期の会社側予想営業利益1800億円(前期比37.6%増)はポジティブサプライズと指摘。特に、東南アジアでの大型トラックの増加や、タイで生産するLCV(ピックアップトラック)の採算性改善、為替の影響などが収益を押し上げているとみている。
 また、海外販売を牽引役とした業容拡大が続くなか、株主還元の強化も期待できることを指摘している。

いすゞの株価は10時40分現在887円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)