古河電工が上昇開始、個人の買い資金流入

 古河電気工業<5801.T>が売買代金を膨らませながら、満を持して上値追いの動きを見せ始めた。株価は200円台と値頃感があり、「ここにきて個人投資家資金など断続的な買いが入り始めた」(中堅証券)ことで動意含みの局面にある。ワイヤハーネスやスマートフォン向け部材が好調で業績を牽引。今3月期の最終利益は前期比39.8%増の50億円を見込むなど好調。最終損益は12年3月期に米国での反トラスト法(米独占禁止法)違反による罰金を特損として計上していたことなどから大幅な赤字となっていたが、前3月期に黒字化し、今期は大幅続伸と業績回復歩調が鮮明だ。

古河電の株価は10時56分現在270円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)