<動意株・16日>(前引け)=田淵電、JCLバイオ、まんだらけ

 田淵電機<6624.OS>=急反発。15日の大引け後に前3月期通期決算を発表、連結営業利益で12億2000万円(前々期比2.5倍)となり、続く今期も20億円(前期比63.8%増)と大幅な増益を計画していることが好感されている。電源機器事業では、パワーコンディショナやゲーム機向けのアミューズメント用電源が大幅に増加している。

 JCLバイオアッセイ<2190.OS>=ストップ高。15日引け後に、シミックホールディングス<2309.T>に対して第三者割当増資を実施し、資本業務提携を行うと発表したことを好感。JCLバイオが発行する普通株16万5300株を、シミックHDが1株1287円で引き受ける。支払総額は約2億1000万円で、これによりシミックの持ち株比率は議決権ベースで4.77%になる。

 まんだらけ<2652.T>=ストップ高。15日大引け後に今13年9月期の第2四半期決算を発表、営業利益6億300万円(前年同期比75.0%増)と大幅な増益となったことから、通期予想である8億2900万円(前期比2.6%増)予想は増額修正期待が高まっている。買い取り価格の適正化などで利益率が向上、既存店の好調も続いてるもようで好実態への関心が高まっている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)