ブラザーが新値街道、今3月期経常利益4割増の見込み

 ブラザー工業<6448.T>が3日続伸、全般軟調地合いの中で気を吐いている。同社は主力のプリンター事業が好調だ。特に今3月期は景気回復色が強まる米国向けの需要を取り込み、利益成長への貢献が見込まれ、経常利益は38.2%増の320億円が予想されている。また、前提為替レートは1ドル=90円に設定しており、足もと進行する円安が収益の上乗せ要因となる可能性が高い。株価は5月10日にマドを開けて買われたが、その後も継続的に買いが流入してマド埋め拒否の強い足をみせ、新値街道を走る展開となっている。

ブラザーの株価は13時26分現在1318円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)