関門海が大幅続伸でマザーズの値上がり率トップ、継続企業の重要事象記載を解消で

 関門海<3372.T>が大幅続伸し、午後1時30分時点で東証マザーズ市場の値上がり率トップとなっている。15日引け後に、13年3月期決算短信において、「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載を解消すると発表したことを好感。売上高56億2400万円、営業利益8700万円、純利益1500万円(12年3月期は決算期変更に伴う4カ月決算のため前の期との比較はなし)と黒字を確保し、また、昨年5月に第三者割当増資を実施し資本増強を図ったことなどがその要因。
 また、14年3月期は売上高56億5000万円(前期比0.5%増)、営業利益1億4000万円(同59.3%増)、純利益2000万円(同28.7%増)と大幅増益見通しとしたことも好感されている。原点回帰を目指して店舗ごとの目標設定などを行い、魚席の底上げを図る方針だ。

関門海の株価は13時40分現在1万4740円(△3000円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)