前田道が反発、14年3月期増益見通しで買い安心感働く

 前田道路<1883.T>が反発。15日引け後に発表の連結決算で、13年3月期が売上高2132億800万円(前の期比4.0%増)、経常利益178億3800万円(同16.4%増)と2ケタ増益となったのに続き、14年3月期も売上高2200億円(前期比3.2%増)、経常利益182億円(同2.0%増)と増収増益を見込んでおり、買い安心感につながっているようだ。
 13年3月期は補正予算の執行で公共投資が増加したほか、民間発注工事の受注活動に注力したことが奏功。また、震災復興工事にも取り組み、2ケタ増益を確保した。続く14年3月期は復興需要の継続や政府の緊急経済対策に伴う公共投資の増加が期待できる一方、民間発注工事に不透明感が残ることから、慎重な見通しとなっている。

前田道の株価は13時58分現在1487円(△66円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)