扶桑電通が大幅高、13年9月期業績の増額修正を好感

 扶桑電通<7505.T>が大幅高。15日に2013年9月期業績の増額修正を発表したことが好感された。同期の経常利益は従来予想の6億4000万円を9億1000万円、純利益は5億4000万円を6億5000万円に見直した。原価率の低減や販管費の削減などコスト低減が収益に寄与した。同社は富士通系のディーラーで防災無線システムなどが好調に推移している。
 同日発表した第2四半期(12年10月~13年3月)の経常利益は14億4100万円、純利益は10億8500万円と、すでに通期予想を上回っており今後の再上方修正への期待が高まっている。

扶桑電通の株価は14時35分現在430円(△35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)