日立が中期経営計画を策定、16年3月期の純利益3500億円超目指す

 日立製作所<6501.T>は16日、2016年3月期を最終年度とする「2015中期経営計画」を発表した。同計画では社会イノベーション事業を軸に「成長の実現と変革」を推進することを目標とした。目標数値として売上高10兆円、純利益3500億円超、一株当たり利益70円超を掲げた。
 社会イノベーション事業では、「クラウド活用のサービス事業」を挙げたほか、交通やエネルギーなど「ソリューション事例のグローバルな展開」を推進することを示した。 
 海外売上高比率は13年3月期の41%を50%超に引き上げることを目標とし、「グローバルメジャープレーヤーへの変革加速」を掲げた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)