大成温調は不採算工事の影響が一巡し今期営業利益3.4倍に

 大成温調<1904.T>は16日取引終了後に前13年3月期決算を発表した。連結売上高は前の期比6.6%増の513億9100万円と増収ながら、営業利益は68.6%減の1億6300万円と大幅減益で着地、主力の温調設備工事が伸びたが、一部大型案件に不採算工事があったことで、採算が大きく悪化した。今3月期は受注が増え、不採算工事の影響が一巡することから、売上高は前期比3.1%増の530億円、営業利益3.4倍の5億5000万円と急回復を見込む。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)