17日の株式相場見通し=米株式反落や円安一服受け続落

 17日の東京株式市場は、投資家心理の短期的な先行き懸念を反映して、売り優勢の展開となり、日経平均株価は続落することが予想される。16日の米国株式市場は、反落した。NYダウが前日比42ドル安の1万5233ドルとなった。外国為替市場での円相場は、1ドル=102円10銭台の推移でやや円高・ドル安の傾向をみせている。
 日程面では、安倍晋三首相が6月にまとめる「成長戦略」の第2弾(農業強化策など)を発表、3月の機械受注、4月の発受電電力量速報に注目。海外では、米4月の景気先行指数、米5月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値、祝日で香港、韓国の株式市場が休場となることが焦点。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)