JALCOが3日ぶり反発、13年3月期業績見込みを下方修正もアク抜け感強まる

 JALCOホールディングス<6625.OS>が3日ぶり反発。16日の取引終了後、集計中の13年3月期業績について、従来予想の売上高43億円、経常損益4500万円の赤字を下回り、売上高33億5100万円(前の期比77.3%増)、経常損益8900万円の赤字(前の期5億7100万円の赤字)になりそうだとの下方修正を発表したが、株価には織り込み済みとの見方からアク抜け感で買われているようだ。遊技機レンタル・割賦販売事業で資金投下の時期が遅れたことや、投下した資金についてレンタル用中古遊技機の取得を優先させたことで中古遊技機販売に影響が及んだ。また、電子機器用部品事業で採算性を最優先して取引条件の検討を進めた結果、売上未達となったことが、下方修正の要因としている。

JALCOの株価は9時28分現在135円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)