太平洋セメが6日続伸、公共投資始動で追い風強まる

 太平洋セメント<5233.T>が6日続伸。全般相場とは歩調を異にしてわが道を行く展開で上値指向を強めている。同社は国内セメントの最大手で40%近いシェアを持つ。14年3月期は復興需要の本格化で一段とセメント需要は増勢、経常利益は前期比2割強増えて400億円と大幅増益基調を維持する見通し。衆院優位の原則により5月15日に13年度予算が成立したが、これによりデフレ脱却へ向けた公共投資拡大政策がいよいよ始動する。補正予算と合わせ100兆円を超える公共事業は同社にとっても大きな収益インパクトとなることで、継続的な買いを誘う背景となっている。

太平洋セメの株価は9時52分現在314円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)