ドル買いの流れに乗ってドル円は101円台後半が底固い。

他通貨ドルの下落傾向(ドル買い)がしばらく続き、クロス円は弱含みか?
昨晩の概況
102.68までジリ高が進んだドル円でしたが、午後9時半発表の4月住宅着工件数、前週の新規失業保険申請件数、更に午後11時発表のフィラデルフィア連銀製造業景気指数が立て続けに予想比悪化しておりドル円は102.50から101.83まで下落。ただし101.80以下にも下がらず切り返して102.30台へ。もう一度押し込んでも101.96で下値が止まり、午前4時過ぎのウィリアムズSF連銀総裁の「早ければ夏までにQEを縮小、年末までに停止できる」との発言にドル買い戻しとなって再び102.36まで上昇。
ユーロドルは午後5時過ぎに1.2846安値まで突っ込んだ後、1.2860-1.2880でインターバンクが戻り売りを行っていましたが次第に下がりにくくなって、午後9時半の米指標でドル売りとなった関係で、一気にストップロス的な買いが出て1.2930まで急騰。しかし、ファンダメンタルズの違いから、ドル買いユーロ売りは根強く1.2869までウィリアムズSF連銀総裁の発言もあって下落しています。

ドル円 買い
ドル円はこのところの動きから101.800-102.750ぐらいのレンジで推移していて目先の方向感がはっきりしなくなってきているが、レートの調整ではなく、時間調整で103円突破のタイミングをはかっているように思えて仕方ない。ドル円は基本押し目買いで参入する方向で見ている。今日は101.980で買い参入、利食いは102.600から102.700で。ストップは101.600でイメージしています。

レンジ 101.700(101.850)--(102.550)102.750 
作成時 102.225-231 7:51AM

ユーロドル 売り
ユーロドルはショートが溜まり始めているのが気にかかるが方向はユーロ売りドル買い。1.29050、1.29150で売りから参入し、ストップは1.29500で置くこととしたい。利食いは1.28600、1.28500でイメージしています。

レンジ 1.28450(1.28600)--(1.29100)1.29300 
作成時 1.28879-886 8:05AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は132円台まで昨晩ショートカバーで上がったものの、上値の重たさを再確認したような感じであり売りから参入する方針。131.900、132.000で売り先行。ストップは132.300に置きながら、131.450、131.350で利食いするショート回転をイメージします。

レンジ 131.300(131.500)--(131.900)132.050 
作成時 131.644-653 8:13AM