日本板硝子が続落、欧州の建築用ガラスの不振で赤字決算続く

 日本板硝子<5202.T>が続落、前日比13円安の111円まで売り込まれ、その後も今日の安値圏で推移している。16日取引終了後に発表した前13年3月期決算は減収で営業損益が172億5800万円の赤字に転落、経常、最終損益は赤字幅が拡大した。欧州の建築用ガラスの不振やソーラー用ガラスの出荷減による収益悪化は事前に観測されていたが、今3月期も営業損益は30億円と小幅ながら黒字転換を見込んでいるものの、経常、最終段階は赤字が残ることが嫌気されている。

日本板硝子の株価は10時19分現在113円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)