東芝が底堅い、ブラジルの電力用変圧器新工場稼働を材料視

 東芝<6502.T>が底堅い。17日に「ブラジルの電力用変圧器の新工場が本格的な生産を開始した」と発表。同社はブラジルを含めた北中南米地域向けに電力用変圧器を供給しており、現地工場で年間15GVAの変圧器を生産している。新工場は需要拡大に対応するため、生産能力の増強を目的に建設を進めてきたもので投資額は約60億円。また、17日付の日本経済新聞は「南米の社会インフラ事業の売上高を15年度に11年度比8倍の1200億円に引き上げる方針」と伝えている。

東芝の株価は11時16分現在513円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)