<後場の注目銘柄>=アイコム、無線通信機器需要増で業績躍進

 アイコム<6820.T>は高値もち合いが2カ月におよび上放れが近い。

 防災関連需要増加を支えに主力の陸上業務用無線通信機器が大きく伸び、前13年3月期の連結経常利益は前の期比2.1倍の31億5600万円と大幅増益を達成した。今3月期は前期比23.7%減の24億1000万円を予想したが、減益の要因は新製品金型設備などの先行投資負担によるもので、先行き一段の業績拡大へ期待が強い。

 消防救急無線などのアナログ周波数使用期限を16年5月に控え、無線通信機のデジタル移行が加速していく。

 週足に続いて月足も陽転、大勢上昇トレンドを確認している。調整が続いたことで需給整理も進み、本格反騰へ体勢は整った。