クニミネが後場急落、14年3月期2割強の減益見通しを嫌気

 クニミネ工業<5388.OS>が後場急落。午後2時発表の連結決算で、13年3月期は売上高116億8000万円(前期比3.5%増)、経常利益16億7100万円(同19.1%増)と2ケタ増となったものの、14年3月期は売上高114億6300万円(前期比1.9%減)、経常利益13億3500万円(同20.1%減)と2割強の減益を見込んでいることを嫌気。引き続き厳しい環境が続くと予想していることに加えて、燃料費の上昇や円安による輸入鉱上昇を懸念している。また、年間配当を前期の25円から15円に減額することもマイナス材料視されている。

クニミネの株価は14時23分現在563円(▼57円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)