鶴見製が後場下落でマイナスに転じる、14年3月期2ケタ減益見通しを嫌気

 鶴見製作所<6351.T>が後場下落しマイナスに転じてきた。午後2時頃発表の連結決算で、13年3月期は売上高351億4800万円(前の期比9.2%増)、経常利益37億9700万円(同34.7%増)と大幅増益となったものの、続く14年3月期は売上高352億円(前期比0.1%増)、経常利益31億円(同18.4%減)と2ケタ減益を見込んでいることが嫌気されている。新興国の景気減速などが懸念されるほか、13年3月期にあった為替差益が剥落することなどが業績を押し下げているようだ。

鶴見製の株価は14時38分現在845円(▼9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)