ニレコの前期経常利益は29%増、今期配当は年20円に

 プロセス制御・計測機器などを手掛けるニレコ<6863.T>の2013年3月期連結業績は従来予想を上回って着地した。営業利益は3億5000万円を4億2600万円(前の期比29.5%増)に見直したほか、経常利益は3億5000万円を4億8500万円(同29.7%増)、純利益は2億8000万円を5億2000万円(同2.08倍)に上方修正した。
 検査機事業やプロセス事業の収益が改善したほか、有価証券の売却益や為替差益の発生したことが寄与した。繰り越し税金資産の計上も純利益を押し上げた。
 前期配当は前の期に比べ4円増の18円とし今期は前期比2円増の20円を見込んでいる。
 14年3月期の連結経常利益は6億円(前期比23.5%増)、純利益は5億3000万円(同1.8%増)と連続増益が予想されている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)