日本ラッドは今3月期小幅ながら黒字浮上見込む

 日本ラッド<4736.OS>は17日取引終了後に前13年3月期決算を発表した。連結売上高は前の期比11.5%減の37億5300万円と2ケタ減収ながら、営業損失が前の期の1億8600万円から6600万円へ縮小した。低消費電力型データセンターを軸としたクラウド関連技術への取り組みと海外製品プロダクトの販売や生産性向上により採算が改善しており、今3月期の売上高は前期比7.2%増の40億2500万円、営業利益3900万円、経常、最終損益も小幅ながら黒字浮上を見込む。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)