アズジェントの14年3月期は87%経常減益を見込む、先行投資負担が増加で

 アズジェント<4288.OS>がこの日の取引終了後に本決算を発表。13年3月期は売上高35億3700万円(前の期比11.8%減)、経常利益2億3300万円(同6.8%増)と増益を確保したが、14年3月期は売上高35億4000万円(前期比0.1%増)、経常利益3000万円(同87.2%減)と大幅減益を見込んでいる。MSS(マネージド・セキュリティ・サービス)をはじめとした商品組み合わせ型サービスの拡充と早期立ち上げ加速のため、人材の強化や積極的なプロモーション活動を行うとしており、これらの先行費用が利益を圧迫する見通し。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)