USシステムズの14年3月期は3期ぶり経常黒字転換へ、新事業領域への拡大が貢献

 ユニバーサルソリューションシステムズ<3390.OS>がこの日の取引終了後に連結本決算を発表。13年3月期は売上高18億5000万円(前の期比59.3%減)、経常損益1億3800万円の赤字(前の期5億4400万円の赤字)となったが、14年3月期は売上高20億円(前期比8.1%増)、経常利益1億2000万円と3期ぶりの黒字転換を見込む。ここ数年進めてきた事業の撤退、売却、株式交換など事業の効率化を図った成果が表れるほか、予約・集客といった新サービスの展開や、美容・ホテル業界といった新事業領域への拡大で収益力向上を見込んでいる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)