【売り】三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306) 日本株は依然上昇基調は継続するが、デイトレでは陰線を付ける可能性 = フェアトレード 西村 剛

日本株は依然上昇基調継続だが、デイトレでは陰線を付ける可能性
■注目銘柄
三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)

■注目理由
5月17日(金)の日経平均株価は、1万5138円12銭と前日比100円高となり、年初来高値を更新した。依然日本株全体の上昇圧力は強い状態にあると言える。しかしながら、大台である1万5000円を達成したこと、また株価上昇の大きな材料であった為替も1ドル102円で停滞しており、ここから先は様子見ムードが広がりつつ緩やかに上昇する展開になると考えた。株価の値動きを見ると日中は寄り付き近辺で高くなり、引けにかけて上げ幅を縮小する展開になる可能性が高いとだろう。そのため同社株価もデイトレでは陰線を付ける可能性が高いと判断した。寄り付き近辺に大きな買い注文が入り高値を付けた後は、引けにかけて上げ幅を縮小していく展開になる可能性が高いと考えた。