20日の株式相場見通し=海外株高と円安を好感して続伸

 20日の東京株式市場は、前週末の欧米株式市場の上昇に加え、外国為替市場での円安傾向を好感して続伸となりそうだ。前週末17日の米国株式市場は、大幅反発となった。ただ、買い一巡後は利益確定の売りが優勢となる可能性もある。
 NYダウ平均株価は、前日比121ドル高の1万5354ドルと終値ベースで、15日に付けた過去最高値を更新した。17日の米外国為替市場では。1ドル=103円台へと円安傾向が顕著となった。日本時間20日早朝では、1ドル=102円台後半での推移となっている。20日発表の月例経済報告では、政府が景気の基調判断を2カ月ぶりに上方修正する可能性が高いことから、株価にはプラスに作用することになりそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)