TYKが反落、最終利益は2ケタ減益が続く見通し

 TYK<5363.T>が反落。同社が前週末17日に発表した13年3月期の連結決算は、国内高炉や特殊鋼向けの耐火物が不振で最終利益が前の期比で33.1%減となる6億600万円と低迷した。また、14年3月期の最終利益も前期比34%減の4億円の見通しであることから、これを嫌気した売りが優勢となっている。ただ、PBRが0.4倍台と既に会社解散価値の半値以下の水準にあり下値も限定的とみられる。

TYKの株価は9時24分現在190円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)