トヨタが買い人気、円安を追い風に4日続伸

 トヨタ自動車<7203.T>が寄り付きカイ気配で始まるなど物色資金が集中、4日続伸と上げ足に弾みがついている。ここにきて米国景気の回復を背景にFRBの量的緩和政策の縮小が意識されており、円・ドル相場が再び円安方向に振れ始めた。前週末のNY外国為替市場では一時1ドル=103円30銭台まで円が売られ、約4年7カ月ぶりの円安水準となったことから、為替感応度の高い同社株にとって強い追い風となっている。また、米国景気の回復は北米での自動車販売拡大の思惑につながる。こうした環境の好転を背景に同社の12年度の連結営業利益は5年ぶりに首位に返り咲きを果たしており、ここ進行する円安で首位の座がさらに固まるとの見方が上値を買い進む動きに反映されている。

トヨタの株価は9時24分現在6580円(△110円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)